個人事業主の開業届に返信用封筒を入れ忘れたら【開業届の控えが返送されてこない】

フリーランス

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、みょうびです。

今年三月に個人事業主の開業届を税務署に郵便で送ったが、待てど暮らせど控えが返信されてこないのでそういうものだと思っていた。

が。

フリーランスの消費税について調べていたら、開業届の控えは手元にあるものらしい。

ということで、開業届を郵便で提出したけど控えが返送されて来なかった同じ穴の狢に送る内容となっている。

個人事業主の開業届を税務署に郵送で送ったら

必ず控えが一ヶ月以内に返送されてくるはず。

因みに、控えが返送されてくるには条件があるのだ。

それは、切手を貼り付けた返信用封筒を同封してあること。

切手を貼り付けた返信用封筒を同封してないと一生待っていても開業届の控えは届かないのだ。

開業届の封筒に返信用封筒を同封し忘れてしまった場合

控えをもらい忘れた場合として、コピーを税務署から送って貰う「保有個人情報開示請求書」というものを紹介しているサイトがあるが、もらい忘れた場合はこれじゃないのだ。

紛失した場合は 「保有個人情報開示請求書」 でいい。

が、もらい忘れた場合は、開業届に返信用封筒を同封するのを忘れた旨を記載した送付状なんかを入れて切手を貼り付けた返信用封筒を同封して送ればいいだけだ。

更に、税務署に一言電話をしておくと確実だと思う。

300円の収入印紙なんて必要ないわけだ。

保有個人情報開示請求書が必要だと思って送ったら

保有個人情報開示請求書に300円の収入印紙を貼り付けて、マイナンバーカードのコピーを入れて、84切手を自分宛の封筒に貼り付けて、を郵便局でなんだこいつと思われながらテーブルで作業して税務署に送った。

そうして、翌日の夕方税務署から電話がかかってきた。

本人確認かと思いきや、

「返信用封筒を同封してなかった場合の控えは税務署で保管してあるので、今回保有個人情報開示請求書の返信用で同封されていた封筒で控えを返信させていただいてもよろしいでしょうか。」

という内容だった。

収入印紙も消印を押してないので、そのまま一緒に返送してくれるそうで。

マイナンバーカードのコピーも、要らんのにくらいの話しで同封されて送られてくるそうだ。

開業届の控えをもらい忘れた場合

・税務署に取りに行けば貰える。

・切手を貼り付けた返信用封筒を送れば控えを送って貰える。

税務署では、控えをもらい忘れたかたとか返信用封筒が入っていなかったかたのとか捨てずにちゃんと取っておいてくれてるようだ。

私のように電話が苦手じゃないなら、税務署にサクッと電話で指示を仰いだ方が確実だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました