2022年あけましておめでとうございます!

自分のこと

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、みょうびです。

やっとやっと迎えた2022年。

魚座にとって飛躍の年になるらしいというのも楽しみだったが、、、。

暗闇からの脱出

とある占いの金のインディアン座。

10年間の暗闇年が終了。

始まること10年前、どうしてこんなにも運に見放されてるのかってくらい辛かった。

それでも、きっと役に立つはずって将来の為にって色んな事をやって備えて、やっとやっとここまで来た。

よく生きてるなってくらいの激動の10年だった。

私の気質や考え方が不幸を呼んでいるのかと悩んだこともあったけど、金のインディアン座の現状なんかを動画とかで見てああこれかってなったよね。

そして、2022年あああああ光があぁぁぁ差し込んでいるぅぅぅ。

そんなわけで今年の抱負

魚座これから凄い輝ける年ぃ。

もう煮たり焼いたりされないぞ。

金のインディアン座、2021年で10年間の暗闇さようなら。

もう歌って踊っちゃうぞ。

去年辺りからなんとなく、コンパクトに生きることを目指してたんだけどその延長でもう少し極めていきたいと思う。

風の時代は人との繋がりが大切だと聞くが

どういうわけか、10年の暗闇の間に友人関係がリセットされてしまったけど、これは良い機会だと思っている。

あ、でもネットでのフレンドは健在だ。

不思議なもので、会わないと継続できないような友人関係が去っていき、会わなくても継続可能な友人関係が残った。

コンパクトに生きる

ミニマルな生活を目指している。

押し入れの中にあった腐の遺産を処分をしたかったのもその一環としてだが、、、。

大量のコミックスだったり、よく分からないコレクションだったりを私が死んだら誰が片付けてくれるのだろうという疑問が始まりだった。

ごく普通の一般家庭なら、誰かしらやってくれる人がいるかもしれないがうちは多分無理だ。

両親がまず片付け掃除の類が苦手で、妹はそれに輪をかけて家事掃除が出来ない。

暗闇に入った最初の年に私がホテルのルームメイクで働くことになったのは、運命とかなんかそういう超常的何かが作用したとしか思えない。

さあ!2022年いってみよー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました