クラウドソーシングは実際どうなのか【CADオペレーター視点】

フリーランス

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、フリーランス二年目のみょうびです。

私の場合はただ色んな事をやるフリーランスではなく、CADオペレーターとしてCADというソフトを使って図面作成をしたり図面整理をしたりする仕事を業務委託という契約をして仕事を請け負っている。

これらの仕事はクラウドソーシングからではなく、ネットにある求人を見て応募して仕事の契約をさせてもらっている。

クラウドソーシングでの図面の仕事は割に合わない

買い叩きというのか、かなり安くても仕事が欲しい人が多いせいか割に合わない仕事が多い。

建築士1級持ちでコンクリート造の設計を詳細図までCADで書けますというなら、そこそこ良さそうな案件があるようだが、それなら逆に求人に応募しても引っ張りだこだと思う。

要するに、クラウドソーシングにあるCADオペレーターの仕事は作業量に見合わないし、経験値もさほど増えないということだ。

オーバーワークになってでもクラウドソーシングでやりたいとか、どうしてもクラウドソーシングで経験値を積んでいきたいという気持ちがない限りやめておいた方がいい。

急にクラウドソーシングで案件を探して応募しても無理

クラウドソーシングでは、こなした案件の数=信用度みたいな所がある。

プロフィールを充実させて、数円から数百円の仕事や簡単で割に合わない案件数をこなしておく必要がある。

更に、応募の際に毎回自己アピールもしなければならず、非常にめんどくさい。

自己アピールを作成しておいてコピペしてしまうのもありだが、よさげな案件になってくるとコピペでは済まないような自己アピールが必要になる。

そうして時間をかけて応募しても、全く返事がなかったり応募が締め切られたりと時間の無駄感が半端ない。

趣味系なら多少は許せる

私の場合は、ゲームのテストプレイにたまに応募している。

私がゲーム好きなので、安くても面白そうなら別にいいと思っているからでそうではない人にしてみれば苦痛かもしれない。

こないだ、複数名でのZoomでのゲームテストプレイという案件があって参加させて貰ったが、6名中2名が私から見ても変な人だった。

変人だと自負する私から見ても変人だったというか、マナーと態度の悪さにイライラしたので相当なやり手に違いない。

図面作成が趣味ですって言えるなら、やっすい図面作成案件でも楽しめるかもしれないとは思う。

私がクラウドソーシングで図面作成をしない理由

図面というのは安全性やそれを使うお客様がその先にいるわけで、実際の生活に安心をもたらしたいと思うので安い仕事はしたくないのだ。

冷やかし程度に応募することもある。

その時は、クライアントが提示している最高額で応募するようにしている。

当然仕事は受けられないが、クラウドソーシングの闇の箱に少しでも穴が開けばと思っている。

CADオペならネットの求人に応募しろ

CADオペ初心者なら、2次元CAD利用技術者2級(合格率60%くらい?)を持っている事前提としてAutoCADを自宅のPCで使える事(これから入れますだとダメ)と、JwwCADも使える事。

DXFやDWG等の拡張子が理解出来ているなら、拾ってくれるとこがきっとあるはずなのでネットの求人に応募するべきだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました