地方銀行のデビットカードを作ってみたらめっちゃ便利だった

自分のこと

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、みょうびです。

毎月2回くらい届くクレカのメールうぜぇ!と思ったので、どげんかしてみたお話。

楽天カードを使っていたがポイントがしょぼくなった

いざ、ポイ活!

と思って楽天カードをルンルンしながら作って支払いを全て楽天カードにお任せした。

ポイントはウハウハで大好きなケーキをポイントで買えるくらいだった。

それから暫くしてから楽天カードのポイントが改悪されたニュースが入ってきた。

楽天カードを使っている意味がなくなった。

ポイント変わんないならどこでもいい

楽天カードである必要がなくなった。

そして、クレカである必要もなくなった。

楽天カードの支払いを自動引き落としにしていたが、その金額が合っていたのか引き落とされたのか毎月あれ?ということが続いていた。

今月の、、、というメールが毎月2回くらいあるのもめんどくさかった。

私の見えないところで何が進行しているんだ?という気持ち悪さが延々とついて回った。

だから丁度いい機会だった。

バーチャルカードを導入した

バーチャルカードのいいところは、買ったものがアプリを開くだけで確認できるところ。

お金もワンタップでチャージできるし、支払いもワンタップだ。

それでも、めんどくさかった。

なんかもっとこう痒い所に手が届く感じのが欲しくなった。

デビットカードを作った

私が信用している地方銀行のデビットカードだ。

詰まる所、自分の銀行口座をお財布として持ち歩いてる感じ。

これ一枚でいいじゃないの。

私の中のポイ活は終わった

2022年10月。

円安と物価上昇。

物価は上がっても給料は大して変わらない日本。

これからは物を買わず増やさずシンプルな暮らしになっていくと思う。

ポイントはAmazonとかで勝手に貯まったのをたまに使う程度でいいと思った。

ポイントを気にしている時の自分の思考がうるさいから電子マネー周辺を断捨離したいのだ。

まだまだミニマルは楽しめそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました