猫の肛門嚢炎(肛門腺炎)

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、ポッキーは極細派。みょうびです。

今回はちょっとだけ過去のお話をします。

多頭飼い終盤の頃にプリプリが保護されて私の元にやってきてから数年後のお話です。

大便のいきみの時に怒るようになった

当時は、肛門腺の存在すら知りませんでした。

50匹の猫と暮らしたのに、この病気になったのはプリプリだけでした。

最初の異変はトイレでいきんで唸るので、最初はちょっと笑ってましたが、かなり痛がる様子でしたので笑ってる場合でもなくなりました。

オス猫ですと、尿道結石で痛がったりすることもあるのですが、メス猫も?とか。

うんちの時にも?

仕事を休むことができず、そのまま数日が経過しました。

肛門の片側がぽっこり腫れてきた

ガンになったのかも思ってかなり不安になったのを覚えています。

プリプリの肛門の横のぽっこりした部分を触ると凄く痛がりますし、うんちをする時も痛がってました。

あまりにも痛がりますし、いずれにしてもそのままにして置けないので、遂に動物病院に連れいて行くことになりました。

肛門腺に膿が溜まる病気

獣医さんの説明ですと、肛門の両側に肛門腺があり、うんちをする時に匂いのする分泌液を出す器官。

そこに、なんかの拍子に菌が入り込み炎症を起こして、膿を精製して膿が溜まってしまう病気だそうです。

放っておくと肛門腺が破裂するらしいです。

プリプリは幸い破裂する前に受診できましたが、、、。

肛門嚢炎の処置

ここからはちょっと痛々しい話になります。

メスで切って膿を出して貰いました。

ですが、菌が完全にいなくなるまでは膿を精製するらしく、抗生剤をのみつつ膿を肛門腺の外に出す必要があるとのことでした。

ですが、皮膚は直ぐに修復しようとします。

膿を出すには、このメスで切った部分の修復し始めた皮膚を無理矢理こじ開けなければならないんです。

そして、「元々匂いを分泌する為の器官からの膿なので、分泌液+膿で相当臭いですがお家でやれますか?無理そうなら肛門腺の摘出手術をすることも出来ます」と。

肛門腺から膿を絞り出す

毎朝プリプリの肛門脇のメスの切り口から膿を出す処置をしました。

塞ごうとする皮膚をぶりっと突き破って膿が出て来ました。

その皮膚が破ける感覚を今でも覚えています。

凄く薄い緑色で濁ったドロドロとした膿でした。

物凄く臭かったです。

数日後、抗生剤がのみおわった頃には、膿が出なくなっていました。

今振り返ると、プリプリはよく我慢してくれたし、私もよくやれたなと思います。

肛門腺の摘出手術もあり

身体から器官を摘出するって何だか怖かった当時を思うのですが、猫の為にも摘出手術を受けても良かったのではないだろうかと考えます。

ただ、肛門嚢炎と闘った日々の経験があったから、プリプリの歯周炎の膿を絞り出せたとも言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました