闇は払えないし霊感もないけど不思議体験を語っていく⑦ー噓つきのレッテルー

不思議体験

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、みょうびです。

久しぶりに不思議体験を話そうと思う。

これは私が両親から噓つきのレッテルを張り付けられた原因になる話だ。

子供って色んなものが見えている人とそうじゃない人がいる

だからと言って他の人に見えてないものが見えてると自覚があるかと言えばそうではない。

見たものを素直に言ってしまう。

見えているものは私にとっては現実だったからだ。

私が見えているものを両親に言うと両親には見えず両親は妹に聞くのだ、見えるか?と。

妹は首を振る。

「そんなこと、他の人には言うなよ。大ウソつきって言われるからな。」

蛇の卵

家の横に長くて白いものが固まっていた。

父親を連れてくると、蛇の卵だと言っていた。

何日かすると、産まれたらしく割れた殻だけが残っていた。

それから数日後、家の裏のあちらこちらに蛇の卵が沢山散らばっていた。

沢山あるよって父親を呼んできたが、父親には見えないらしく「何処にあんの?バカだな」と笑われた。

ばあちゃんに話すと「触っちゃなんねぇがんな」と念を押された。

妹は不思議そうに私を見ていた。

暫くして、気になって見に行ってみると無くなっていた。

父親に話すと、カラスにでも食われたんじゃないか?と言っていた。

子供の頃は納得したが、大人になって思い出す。

こんな狭いところにカラスが入ってくるだろうか。

知らないオジサン

ある時、知らないオジサンが見てるのが怖いと言って大騒ぎした。

家の木戸口に知らないオジサンが立っていて、ジッとこちらを見ていた。

母親は「何処に?」と切れ気味だった。

母親には見えていなかった。

私の騒ぐ様子を見て、妹は私は怖くないよと言っていた。

田んぼから帰る途中、家の前の道路ですれ違った知らないオジサンに「こんにちは」と挨拶をすると、母親が「誰に言ったの?」と聞くので振り返ると妹しか居なかった。

体育館前の児童

授業で花を観察に外に出てた時、体育館前に一人で立っている児童がいた。

こちらに背中を向けて立っていてずっと校門の外を見ているようだった。

忘れ物でもして親が届けてくれるのを待っているのかと思った。

花の観察が終わり教室に入るように促されたが立っている児童が気になったので先生に聞いてみると、先生には見えていないものだった。

見える人

小学校中学年になると、幽霊が見えるという同級生がいた。

学校の怪談がまことしやかに囁かれるようになると、幽霊が見える人は大人気だった。

こっくりさんも流行ったが、先生達が全力で阻止しようと躍起になっていた。

こっくりさんから”血を出さないと帰らない”と見える人が指示をされてカッターで指の皮を切って血を流したからだ。

見える人は中学生になっても人気者だった。

一緒に帰った同級生が不思議体験をしたと学校で話していた。

見えてるかどうか分からない人

私は幽霊なのかどうか見分けがつかなかったし、中学生の頃にはもう見えなくなっていたんだと思う。

中学生の頃は両親がよく喧嘩をしていて、母親が家を出て帰ってこないなんてざらにあったし多分それどころじゃなかった。

末の妹が不思議なものを見るようになって騒いでいると、何故か真ん中の妹が見えると言い出した。

真ん中の妹は親戚中に幽霊が見えると自慢しだした。

自慢する妹を両親は自慢した。

ウソつきのレッテル

両親は私の言うことを一ミリも信用しない。

両親に噓をついたことはないのに、ウソつきだから信用できないと言われる。

いつだったか両親に聞いた。

「ウソつきって言うけど、私は何か噓ついた事ある?」

両親は黙ってしまった。

妹から冤罪を押し付けられた事は何度もあるが、私は噓をついた事はないのだ。

見えない何か

真ん中の妹を連れて家を出ると私を脅して、家事の殆どを私にやらせていた母親が私が二十歳を過ぎた頃に椎間板ヘルニアの手術をした。

私は実家に連れ戻された後も両親と真ん中の妹と何故か折が合わず、父親からは暴言が毎日降ってきていた。

同調した母親と妹の陰口や嫌がらせ行為にも耐え続けた。

バイト先の先輩方と、MMORPGでの仲間達が私の全てを支えていた。

そんなある日。

母親が股関節にボルトを入れる手術をした。

杖をつきながら生活をしている。

真ん中の妹は腰の痛みを訴え始め、未だに原因不明の首の痛みで通院中。

父親は脳内出血で半身麻痺になった。

半身麻痺になっても歪んだ性格が直らない父親は家のブレーカーを故意に切るようになった。

一日に何度もやられて困っていたら、父親の歩行を支えていた側の足の骨にひびが入り歩けなくなり寝たきり状態になり、筋肉が落ちてしまったので二度と歩けないのだそう。

私の有益になる事が大嫌いな真ん中の妹は最近、母親と真ん中の妹で大切にしていた犬をひき殺した。

この犬、私に何も悪い事をしてないのだが何の影響を受けたのか椎間板ヘルニア持ちだった。

私?

私は子供の頃から頭痛持ちだし、左耳はモールス信号みたいな音がずっとしてるけど元気だ。

今にして思う。

家の裏に大量に散らばっていた誰にも見えない蛇の卵っぽい何か。

両親と妹が変わり始めたのってあれからだったなって。

コメント

タイトルとURLをコピーしました