猫の耳ダニと菌とアレルギー

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、甘い物を食べると眠くなるみょうびです。

猫が耳を痒がっている、黒い耳垢がある、体中痒がっている。

そんなお話です。

なんか耳を痒がる

顔を洗う時に力一杯耳の辺りを押してたり、後ろ足でげしげしと耳の後ろや中を搔いている。

見てみると、耳の中は真っ黒。

じっとりしている耳垢が耳の端っこから垂れてるまである。

耳ダニ

これはぞわぞわします。

猫の耳垢を取って、ティッシュペーパーに乗せると小さい半透明の何かがチマチマ歩いてるのが見えるでしょう。

外のお散歩させてる系の猫ちゃんがこれに感染しやすいです。

うちの場合は、先住猫がお散歩おk。

後から産まれた子達は完全室内飼いにしていましたが、一匹でも耳ダニに寄生されているとほぼほぼ耳ダニの餌食になっていました。

猫同士でグルーミングして耳掃除をお互いにしてる子は割かし平気なのですが、そういうのが苦手な子はどうしても人が掃除しないと、どんどん悪化して膿が出てきます。

耳ダニの糞に菌が湧いて、菌が皮膚を化膿させるようです。

搔いて傷になった箇所から菌が入ることもあり、どうあってもいいことはありません。

50匹多頭飼いしてた頃は、常に数匹追いかけて液体タイプの耳掃除液を耳に注入して掃除していました。

どうしてもやらせてくれない子は悪化してから動物病院で処置をして貰っていました。

悪化する前にどうにかお家で対処したいものです。

耳ダニは自然発生しない

獣医さんのお話ですと、耳ダニ(疥癬)は自然発生しないらしいです。

当然です。

私が思っていたのは、家ダニが猫の耳に入ると耳ダニになるのかなと、、、

(え?)

ですので、スリスリひゅーんと床に顔を擦り付けてしまった時に、、、とか

(ん?)

耳ダニは、皮膚に穴を掘って穴の中に隠れてしまうこともあるらしくて、獣医さんの話を聞きながらぞわぞわしてたのに、このブログを書いてまたぞわぞわしてます。

耳ダニじゃなかったら菌

お家の中でぬくぬく湿度もバッチリ。

何が発生するのか、それはカビです。

プリプリ、そうまたもやプリプリです。

数年前の話ですが、プリプリ耳痒がってるな~って、忙しかったこともありプリプリの耳掃除をさぼり気味だったんです。

そのうち首の周辺を痒がりだして、しきりに首の周辺をグルーミングするようになりました。

余りにもグルーミングするので、毛が抜けて、それでもグルーミングするので禿げて露出した皮膚が腫れて爛れてしまいました。

耳ダニのせいだと(まだ耳ダニと言うか)思って、滅茶苦茶耳掃除しました。

オリーブオイルを使ったり、なんか良く分からないけど耳ダニにいいってレビューのオイル使ったり。

全然良くならないんですよ。

包帯巻いたり、ハンカチを巻いてみたりしたのですが。

プリプリの首周辺がもう限界ってくらい爛れて、プリプリも熟睡できないみたいで、どうしよう、、、、。

動物病院に連れて行きました。

耳ダニではなく、菌に対するアレルギー反応で身体が痒くなってるようだと診断されました。

耳になんかの薬を注入されて、痒み止めの注射をされ、なんかの薬を処方され帰宅。

みるみるうちに痒がらなくなり、皮膚の爛れも治り、毛が生えてきて無事に完治しました。

耳掃除をするなら液体タイプ

翌年、液体タイプのイヤークリーナーでしっかり対処。

絶対的にオススメなのがオーツイヤークリーナー。

個人的には、これが一番耳垢が落ちやすいし清潔に保ちやすいし、そんなに臭くない。

元々は獣医さんのオススメで使い始めたのですが、他のイヤークリーナーと比べても断然使い易いです。

今年、拭き取るタイプの耳掃除ウェットティッシュを購入して使ってみたのですが、耳菌が発生して獣医さんのお世話になってしまいました。

獣医さんに事情を話しましたら、液体タイプを使ってくださいと改めて言われました。

因みに、オーガニックのイヤークリーナーを購入してみたのですが、リンゴ酢の強烈な臭いで私も猫も撃沈。

原材料を見たら、リンゴ酢。

オーガニックってそういうことかああああああ!!

もう、うちの子は、オーツイヤークリーナー一択です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました