猫の爪切りはしないのか

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、美味しい珈琲は何処かのカフェで飲みたい。

みょうびです。

猫50匹多頭飼いしていたのなら、爪切りはどうしていたのか。

今猫4匹と暮らしてるけど、爪切りはどうしているのかについてお話します。

猫50匹の爪切りは正直ムリ

一人で管理していたので爪切りまで手が回らなかったのと、そもそも当時は爪切りという概念がありませんでした。

ですので、猫部屋から自室の柱に至るまでガッツリ削れています。

というか、私が生まれた頃から猫がいるので最初から柱は削れていました。

そういうこともあり、「猫とは柱で爪を研ぐのが当たり前である」という常識が私の中にあり続けてきました。

じゃあ猫4匹の爪切りはどうしてる

カイトとハナがある程度成長するまでは、遊んでくれているニャーニャとじゃれ合うカイトとハナの爪切りをしていました。

テンションが上がってきた時のニャーニャは巨漢に加えて怪力なのでカイトとハナが傷つかないように配慮の為に爪を切っていました。

カイトとハナは力加減を覚えるまで爪切りをしていました。

プリプリは我関せずなので、爪切りは不要。

今は4匹とも爪切りをしていません。

爪切りをしないデメリット

私はこれをデメリットとは思っていないのですが、柱が削られる。

家具に傷が付く。床がボロになっていく。布系の糸がほつれてくる。

朝起きると知らない傷が足に付いている。

猫ですから、当然のことです。

柱は保護シートで保護

家具で爪とぎをされたことはありません。

柱はギザギザになってくると猫の肉球が心配なので爪とぎ防止シートを貼り付けています。

賃貸の場合は床もなんかしらの対策は必要になるかと思います。

ほつれた糸は切ってしまう。

猫よりも家具が大切なのか?

猫を飼っていると高価なものが要らなくなります。

それよりも、気持ち良く爪とぎして頂いて気持ち良く爪の出し入れをして貰った方が無理矢理爪切りをするよりも猫にとってストレスフリーの生活かなと思います。

だからこそ、爪とぎできる場所を複数設けるのです。

柱に貼り付けるタイプの爪とぎも販売されているので、猫が爪とぎしたい場所に設置するのがオススメです。

爪とぎをしない猫は爪切り必須

猫50匹中数匹でしたが、爪とぎをしない子がいました。

爪とぎをしないと古くなった爪が剝がれず延々と伸び続けて、肉球に刺さるのでこういう猫の場合は爪切りが必要だと思います。

極稀にいるので、うちの猫爪とぎをしないという場合はもしかしたら、、、。

変わった場所での爪とぎ

昔、PCのキーボードで爪とぎをされてキーが全て引き剝がされていたことがあります。

キーボードに恨みでもあったのか、キーボードばかり構っているから嫉妬したのかは謎のままです。

爪をとぐ場所の不思議

床に落ちている段ボールでは爪とぎをするのに、床がザラザラになっても床で爪とぎをする子はいませんでした。

壁紙を剝がす為にハナは壁で爪とぎをします。

今いる4匹はしないのですが、畳で爪とぎをする子がいました。

猫も十匹十色。

コメント

タイトルとURLをコピーしました