猫の慢性腎不全

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは。猫が運動会を始めると、くしゃみが止まらなくなるみょうびです。

プリプリ慢性腎不全ステージ4

飼い猫のプリプリの体調が悪く。食事を全くとらなくなり、動物病院に行ってきました。

血液検査の結果、腎臓の数値が最悪らしく、慢性腎不全ステージ4と診断されました。

よくある、多食多飲多尿の傾向などは特になく、下痢もしていませんでした。

万にひとつの可能性として、ウイルス性の感染症に感染していて数値が高く、食事も取らない可能性があるということでした。

私としては、その万にひとつの可能性に賭けたいのですが、、、。

猫の皮下輸液

どちらにしても、このままだと死んでしまうので、脱水を改善する為に皮下輸液を行うことになりました。

毎日動物病院に行って処置をするか、自宅で自分で皮下輸液をするかを聞かれ、毎日通うのは私も猫もかなり負担なので自宅で療養することになりました。

一度帰宅して、夕方再度動物病院に行って皮下輸液の方法を教わりました。

針を猫の皮膚にチクッと。

これ自体はそんなに難しくはないのですが、本当にこれでいいのか感はあります。

その夜、脱水が改善されたのかプリプリは手足を伸ばして眠っていました。

チューブと流動食

水分は輸液で摂取できるが、カロリーは食事からとらないといけないらしく、このままフードを食べないようなら、麻酔をかけて首からチューブを通すか、鼻からチューブを通して流動食を直接胃に流し込むようになるそうです。

それでも嘔吐するようになったら、嘔吐抑制の薬を投与しながら、、、ってもう私が本人なら、何もされたくないです。

治る見込みがあるなら、その程度って思いますが、治らないんです、ステージ4なんです。人間なら毎日透析です。

鼻チューブくらいなら、と考えましたが、プリプリは身体が弱く、病院に行く回数も多かったのでもうこれ以上は、、、、。

薬を飲み込めない猫

翌日。腎臓の悪化を緩やかにする薬を処方されていたので、のませようと口をこじ開けて何度かやってはみたものの、ひっかかれ流血。

ひざ掛けでくるんで喉の手前に放り込んで、よしいけたと思って解放すると、半分溶けた錠剤が口の端っこにくっついていました。

ウェットティッシュでプリプリのよだれと無残な姿になった錠剤を回収して、ぐんにょり。

教わったように皮下輸液をして今日のプリプリとの追いかけっこは終了。

猫の皮下輸液のお値段

皮下輸液、お薬、流動食頑張れるってかたはお値段が気になるところだと思うので、ちょろっと記載します。

再診 500円

血液検査 7500円

点滴 1500円

薬 1000円

税込み 11550円

夕方に行った際のお値段

再診 500円

皮下輸液セット(注射針5本付けて) 1700円

税込み 2420円

輸液セットはだいたい五日分の量です。

薬が五日分処方されているので、薬が飲み終わったら再診の予定です。

もう少し天気が良ければ

これに尽きます。

もう少し晴れてくれたら、、、。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました