猫4匹の紹介

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、ポテチは固めが好き。

みょうびです。

私のたまらない4にゃんの紹介

多分最年長、プリプリ。メス。

2008年4月生まれってことになっていますが、保護した時の身体の大きさからのだいたいの推測です。

妹がいつもと違うルートで帰宅途中に、自動車の行きかう道路を風に煽られてふらふらしてるとこを見付けて保護。

心配した見知らぬ親子が同じく車を道路脇に止めて話しかけてきたらしいが、その親子はアパート住まいなので動物は飼えないと、結局妹が車に乗せて連れてきました。

物凄い声で鳴いていたので、最初は外で狐でも鳴いているのかと思うほど。

当時は、真っ白の毛で模様はありませんでした。

髭が全部短く切られており、歯は生えそろっていたが、身体が小さく瘦せて目ヤニが付いていました。

ご飯を食べる時に尻尾をプリプリするので、プリプリという名前を付けました。

巨体を生かした頭突き、にゃーにゃ。オス。

2010年生まれだと思われるが、出会った時は成人済みでタマタマは袋の形だけになっており、喧嘩か何かで尻尾の付け根に怪我をして抜糸したばかりの剝げがありました。

コンビニの駐車場でにゃんにゃんと出会い、餌付け。

瘦せていた、と言ったら語弊があるかもしれませんが、今思うとあれくらいで丁度いい体型だったかもと思います。

コンビニの客から食べ物を貰って少しずつ肥えていき、コンビニや周辺のお宅のゴミを荒らすようになり、コンビニの店内に侵入を企てるがあえなく失敗。

女性であれば子どもからご年配まで誰にでも愛想を振りまくが、男性には厳しくどんなに猫好きであっても、餌ですらつられない。

そんなこんなで、うちの猫ですと名乗る人もいない為、保健所に連絡され強制送還されるとこだったのを、私が保護しました。

名前の由来は、コンビニの駐車場にいる時に色んな名前で呼んでみたが返事をせず、「にゃんにゃにゃんにゃにゃんにゃにゃにゃん♪」と言ってみたら「お~わ~」とだみ声で反応があった為。

現在、8キロ超の巨漢。

ニャーニャの前に立って「だっちゅ!」と言うと、ジャンプ抱っこできる。

ぬいぐるみすらも兄弟姉妹。ハナ。メス。

2018年5月生まれだと思われるが、詳細は不明。

会社から帰宅すると、子猫の鳴き声がしているので、鳴き声がする方を見てみると家の周囲にある物陰に隠れる子猫2匹を目視で確認。

親の話によると前日の朝から敷地内にいるらしく、今朝は浄化槽の上で2匹で寝ていたそう。

空腹を利用して餌で釣って、白い子猫から捕獲、つづいて灰色の子猫も捕獲。

小さめのケージ、とは言っても子猫がジャンプできるような段差ではないので、段ボールで底上げして生活できるようにしました。

ウェットフードを唸りながら三匹分を平らげ、爆睡。

私が仕事に行ってる間と寝てる間はケージに入っていてもらってました。

過去に先住猫に嚙まれて亡くしてしまった子猫がいるので、かなり慎重になりました。

兄妹仲良しなので、2匹セットで里親を探しましたが見つからず、私の家族に。

私の部屋にはぬいぐるみが何個かあるのですが、毎日グルーミングしてあげてるので、ぬいぐるみに魂が宿ってるのかと本気で思うことがあります。

毛布の手触りのいい場所で踏み踏みちゅっぱ、踏み踏みだけではなく、母猫のお乳をのむような仕草をします。

八方美人。カイト。オス。

ハナと兄妹。

誰にでも愛想がよく、動物病院内もルンルンで散歩。

ニャーニャにガチンコを挑むが、未だに一度も勝ったことがない。

平熱が高く、一緒に寝ていたハナを熱中症にした経緯があり、夏場の室温管理にはかなり気を使う。

ハナ共々、「どきゅん!」と指差しすると、にゃっにゃっと反応する。

虫を見つけると食べてしまうので、先に虫を捕まえる私のメンタルよ。

私のたまらない4にゃんの簡単な紹介でした。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました