パワハラをやめてくれないから全力で逃げる所存でござる

自分のこと

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、みょうびです。

大手企業と業務委託契約を結べてこれから頑張るぞって気合い入りまくっていた昨年の11月。

12月で何だか厳しい研修を終えて1月から一人で仕事だ、誰の干渉も受けないぞって思っていたのも束の間。

何故か週一でフィードバックのZoom会議。

社員がミスを読み上げ、ミスをした人が理由を述べて謝罪をするのだ。

ここまでならまだまし。

私の場合だけ更にミスを責められて、どの様に作業を進めているのか聞かれ、更に更に嫌みを言われ怒鳴られる。

同じミスをしても他の人は「次から気を付けてくださいね」やさしっ。

え?

私が言われたのは、

「一度教えた事ができないということが無いようにしてくれ!」

「報酬を払ってるこちらとしてもこういうミスがあるのは非常に困る!」

「研修でやった内容だよね」

「修正すればいいと思ってるんじゃないの?」

「作成した後チェックしてるとは思えないんだよね」

「難易度高くないんだからこれくらいはミスなしでやってもらわないと困るんだよ!」

「Boxに書き込む時間が勿体ないんだから!」

「二度と同じミスをするな!!!!」

「あの人はちゃんと建築士の資格を持ってるからいいんだよ」

ここにあげたのはほんの一部です。

1月から3月19日まで週一で何かしら言われ続けてきました。

メールでの修正指示も非常に分かりづらく高圧的なのに、更に週一でZoomにて高圧的に責められるという仕打ち。

ミスをしたのは私の理解力不足もあるのかもしれないのですが、ルールが非常に細かく後付けでこれはこうですとミスとして書き出され高圧的に責められる。

クオリティを上げる為にミスをしないようにするのではなく、高圧的に責められるからミスをしたくないと萎縮しながら作業をするようになり、修正指示が来るもんなら頭の中真っ白で最早自分がどうすればいいのかすらも考えられない状態になっていました。

Zoomの後は同居している両親が何故か優しく、母親は私の好きなトンテキを夕食に出してくれたりと気を遣ってくれていました。

Zoom中は私がめちゃくちゃ怒られるものだから場の空気も悪くなりますし、私は嫌われてるんだろうなとか私はいない方がいいよねと思うようになりました。

Zoom後の体調不良も気のせいだろうと思っていたのが、3月に入りお腹の激しい痛みと下痢、頭痛、吐き気、過食、となって私の精神は緊急事態宣言を出していました。

過敏性腸症候群。

依頼のメールが来るたび動悸がして震え、修正指示が来ると激しい腹痛。

そして、私を決心させたのは修正して送信したのに届いてないというメールでした。

送信履歴が残っているので、間違いなく送ってますと返信。

翌日の朝、修正しましたか?届いてないですよ。どういうことなのか連絡をお待ちしております。のメール。

昨日送ったし、送った旨の返信もしてるんだけど、、、。

何かの糸がプツンと切れるような、もういいんじゃない?と自分の声が聞こえました。

次Zoom会議に出席したら自分は勢いで自殺するかもしれない。

猫達の面倒は誰が見るんだ?

そうだ、これ自体が時間の無駄、体力の無駄、メンタルの無駄。

弁護士に相談した

パワハラの証拠集めをする労力すらも無駄だと思ったので、弁護士に相談しました。

そうしましたら、契約した業務内容にZoom会議は入っていないとのことでした。

フィードバックという名目のパワハラオンライン会議にわざわざ時間と日にちを調整して更に病気になってたら元も子もありません。

その時間を別の仕事や自分の為に使うべきだと判断しました。

契約期間が残っていますし私からのアクションはありませんが、もしあちら側から何かあった場合はそういう気質の会社ということなります。

そうなったらマスコミに流してみようかとも思っています。

パワハラやモラハラやセクハラで悩んだら

戦略的撤退をオススメします。

私の元婚約者はDV気質持ちだったのですが、暴れた後に理由を聞いても「分かんない、、、」と開いた瞳孔とギラギラした眼で狂気に満ち溢れた表情をしていました。

ハラスメント行為をする人は自分の感情やプライドを護る事に必死で、相手を尊重したりとか相手の気持ちを守ろうという考え方が一ミリもできないひとなんだと思います。

パワハラをするひとの気持ちは理解しなくていい

私が社会に出て、ひとに物事を教える時に上司に言われたのは「自分ができるからといって相手もできるとは限らない。一回教えればできる人もいれば、十回教えないとできないひともいるしもっと教えなきゃいけない時もある。でも、じっくり気長に教えれば出来ない人なんていないし結果絶対にお互い有益になる」

高圧的に教えないことや、自分の都合を押し付けないこと等々。

これを聞かされたのは22歳の時です。

その後、おばちゃん達に守られながらすくすく成長しました。

こんなことも出来ないのか?と後ろに嫌みや人権侵害の言葉を並べまくるパワハラをするひとに疑問なのだが。

逆に、この言葉を知らないのか!?

上司になるようなひとは皆、私の元上司のように人間性の高い人だと思い込んでいたが、歳を重ねるごとに若いうちにいい上司に恵まれた自分は幸運だとつくづく実感するようになった。

だからハラスメント行為をするひとを理解できないし、理解しなくていいと思っている。

だからハラスメント行為をするひと相手に反論しない。

いい歳こいて何してんだこいつは?と思うから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました