10時間睡眠を取らないとしんどい

自分のこと

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、ミニマリストを目指しているみょうびです。

今でこそロングスリーパーやショートスリーパーがいるというのはよく知られているが、私が子供の頃は日曜日にお昼まで寝ていると寝すぎだと親に騒がれた。

寝過ぎは如何なものかと散々騒がれて育ったものだから、人は寝なくても生きていけるものだと思い短大入学以降徹夜で絵を描くことが増えた。

実家に連れ戻されてからはコンビニで深夜勤務のアルバイトをして、帰宅するとFF11のフレンドや仲間達と過ごして2~3時間寝てまた深夜勤務のルーティンだった。

特に約束や予定のない日は5時間寝て5時間起きてまた5時間寝ていた。

今考えると10時間寝ていたということになる。

小刻みに寝て起きるをすると寿命が縮むらしい

体調がおかしいと思い始めた頃にそんな話を耳にした。

睡眠と食事のルーティン間隔が短いのはネズミと同じだから、寿命が縮むらしい。

テレビ番組に出演していた専門家がそういった話をしていた。

その話に対してアナウンサーが、「まさにその通りの過ごし方をしているんですけど私は早死にするんですか?」と質問したら専門家が答えないうちにCMに入ってしまってCM後は別のコーナーになっていた。

よく分からないけど、よくはないようだ。

睡眠時間2~3時間と深夜勤務を10年くらい繰り返したある日

自分が頭痛持ちであることは子供の頃から知っていたが、月の8割を鎮痛剤をのんで過ごしていた。

起き上がれなくなるくらい酷い頭痛が一週間続くこともあって尋常ではなかった。

そんなある日、深夜勤務中に物凄くお腹が痛くなり目の前が暗くなってきて急いでトイレに駆け込んだ。

そのまま気を失ってしまって、30分程トイレにこもっていたことになっていた。

下痢じゃない日がないくらい毎日お腹を壊していたが、単に私のお腹が弱いせいだと思っていた。

完治したと思っていた蕁麻疹が再発し、頭が割れそうな頭痛も限界だった。

人間関係崩壊をきっかけに生活時間改善に向けて動きだすことに

深夜勤務に50代の主婦が入ってきた。

学校を卒業してすぐに結婚、専業主婦以外の仕事はした事がないひとだった。

どんなに教えても何度教えても覚えてくれない。

英語やローマ字が読めないので、英語表記の商品特にタバコの銘柄をよく間違えていた。

レジミスも多く、忙しい時間にレジのエラー音が鳴りやまずお客への対応よりもそちらの対応で神経がすり減りイライラした。

オーナーから私が注意されることになり、私はもうやってられないと思い即日退職した。

やってみたかったゲーム業界の仕事をしたくて面接を受けたりもしたが、面接を受けに行くだけでへとへとで動けない状態になっていた。

深夜勤務で昼間に慣れていないだけだと思っていたが、身体も心もボロボロだったのだ。

結局、ビジネスホテルでルームメイクの仕事をすることにした。

動いて汗をかいてお金を貰えて、掃除もマスターできる一石三鳥だった。

おばちゃん達の優しさと面白さに癒されて救われて、約2年かけて次のステップに行けるようになった。

睡眠時間6時間

それでも、へとへとだし眠いしめっちゃ甘いものを食べた。

それでも頭痛はかなり減ってきて月に一週間くらい辛い時があったけど深夜勤務してる頃よりはましだった。

FF11は仲間達がリアルに戻り、フレンドとも折りが合わなくなってしまったのをきっかけにデータを消して引退してしまっていた。

FF14が新生しベータ版から参加したがFF11のように時間が溶けることなくマイペースで進められるゲームシステムになっていた。

それから月日は経ち、、、。

深夜勤務に戻ってきて欲しいと例のコンビニからオファーがあったが、もう昼間の仕事をしている事を理由に断った。

睡眠時間10時間

個人事業主として在宅ワークを始める事ができるようになった。

0時~1時くらいに就寝して、10時~11時に起きる。

目覚まし時計無しでこの時間に自然に目が覚める。

さて、起きるかという気持ちで起きる事ができるようになった。

受けた仕事が間に合わなくて朝までかかって睡眠時間5時間くらいだと数日先まで怠さが残る。

やはり10時間なのだ。

世の中の一般的に普通と言われる人達から見れば私は普通ではないかもしれない。

個人によって取るべき睡眠時間が違うのに、同じ労働時間で縛られる世の中の方が私にとって普通ではない。

太って着れなくなったブラウスがすんなり着れた

これきつくて袖が通らなくなったんだよな~と試しに着てみたら、引っ掛かることもなく袖が通った。

睡眠不足をすると太るというが、そのせいで私はどれだけ太ったのだろう。

睡眠時間10時間、一日二食、おやつ一回の生活を一年半続けているがこれこそが私にとって健全であると思える。

ホルモンバランスの関係でたまに頭痛になるが、あの頃のような頭痛はもうない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました