食品アレルギーが無くなれば私の中の世界はきっと平和になる

自分のこと

※アフェリエイト広告を使用しています。

こんにちは、みょうびです。

食品アレルギーの症状としては、私の場合は痒いひたすら痒い。

流石に食品アレルギー歴が長いので危険な食品は避けるようにしているが、もし口にしてしまえばこの世の終わりかとも思われるような気持ち悪さと嘔吐と下痢に襲われるか、薬をのんでも対処できない蕁麻疹が出てくる。

発症は卵かけごはん

私はその時、忘れていた。

卵かけごはんを口にしたら気持ち悪くなったから食べないと決めていたことを。

昼ご飯、両親と妹が美味しそうに卵かけごはんを食べていた。

小学校に入学したかしてないかの頃だった。

食べてすぐに嘔吐、熱があり、全身に蕁麻疹が出て死ぬほど痒かったのを覚えている。

その後は鶏肉を摂取すると蕁麻疹がでるようだとか、引っ搔くとみみずばれが出るとかその程度しか分からなかったし、調べる方法も無かった。

大事にしたくない母親は早めに切り上げたかったようで精密検査を受けることも無かった。

医者は大人になれば治ると言っていた。

給食は拷問でしかなかった

私が子供の頃は、給食を残さず食べる人が偉い人とされていた。

歳を重ねるに連れ、どの食品でどの程度のアレルギー反応が出るのか自分の身体を使って覚えていった。

まず、牛乳は必ずお腹を壊す。

だから、毎日給食の後は地獄だった。

サンマは嘔吐すると知ったので、食べるのが下手くそを装って汚くして食べた事にした。

リンゴも物凄く気持ち悪くなって嘔吐した。

中学生になってから、アレルギーを理解してくれる担任になり、牛乳も飲んでくれる男子がいて多少救われた。

紫外線アレルギー

食品アレルギーだけかと思っていたが、ソフトボール部の部活で発症。

痒みで眠れない夜もあった。

ソフトボール部を辞めて文芸部に入ると症状は改善された。

食品アレルギーなくなる

短大入学をきっかけに一人暮らしを始めると、食品アレルギーが消えた。

確かに医者は大人になれば治ると言っていたが、一人暮らしを始めたのと同時というのが不思議だ。

牛乳やサンマには手を出さなかったが、好きなものだけを食べて自由に過ごした。

食品アレルギー復活

保護した子猫を自分のミスで死なせてしまったのをきっかけに蕁麻疹が再発した。

クリニックへ行き、注射で痒みを抑えて更に強い薬を三ヶ月飲み続けて抑え込んだが、その半年後再発。

皮膚科の先生の話だと、大人になってから再発したアレルギーは抑え込むことはできても治らないとのことだった。

血液検査をして貰うと、殆どの食品にアレルギー反応があり特に牛乳、卵、小麦、青目魚、リンゴは強くでていた。

杉花粉には反応しないものの、犬アレルギーがあり猫アレルギーは無かった。

犬で出るということはいずれ猫でも出てくる可能性があると言われたが、食べるもの全てに反応しているので、猫で反応しているかどうかも分からない状態だ。

これだけアレルギー反応が出ているなら、もう自分で何を食べたらどうなるか分かってるでしょ?と聞かれた。

現状

アレルギー反応が出たら、弱い薬を飲んだり塗り薬で抑えるという事をしている。

痒くても出来るだけかかないようにして、痒みが治まるのを待つ。

皆、寿司が好きだと思うが私も寿司が好きだ。

そして、まぐろを美味しそうに食べたいとも思うが奴もどうやら青目魚の一種らしく、私の身体は奴を受け付けない。

お腹を壊すどうこうもそうだが、酸っぱいのだ。

私の味覚はまぐろを口に入れると酸っぱいと認識し、舌をビリビリと痺れるような感覚で刺激する。

食品アレルギーがなくなったらきっと平和になる

不思議な事に、放し飼いの鶏の卵や鶏肉、丁寧に育てられた豚肉や牛肉なら何ともない。

無農薬で育った小麦や果物なら、何ともないのだ。

紫外線アレルギーの対処法としては、部屋の中は暗くしてあり、出来るだけ外にいない。

食品アレルギーの延長で紫外線アレルギーがあるのかは不明だ。

気にせず何でも食べられる事が素晴らしいのか、見定めてからじゃないと食べられない事が良いことなのか。

ただ、薬を服用しなくてもいい日々が懐かしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました